論文発表(Atherosclerosis誌)

2016年10月7日に小倉室長と斯波部長らはイタリアのDr. Claudia Stefanuttiおよび英国の
Dr. Handrean Soranらとの共同研究で、FHホモ接合体の妊娠出産を安全に管理するためには妊娠中のアフェレシス治療が必要であることをAtherosclerosis誌に発表しました。

論文タイトルは
「Lipoprotein apheresis is essential for managing pregnancies in patients with homozygous familial hypercholesterolemia: Seven case series and discussion(Atherosclerosis 2016; 254:179-183)」
です。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27755983

上に戻る